KoreaTimes

「からだにいい慶尚北道ツアー」慶州・高霊・安東3泊4日 リポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「からだにいい慶尚北道ツアー」慶州・高霊・安東3泊4日 リポート

 

8月28日、残暑の成田・名古屋・大阪・福岡各地から参加者は出発。

大邱に集結、バスにて慶州西岳村へ。

地域の歴史遺跡、文化財を保護、再生させることにより、未来ある観光資源に育てようとする

地域住民組織との交流を目的にこのツアーはスタートした。

もちろん、“美味しい”という要素もふんだんに織り交ぜて。

慶州西岳村の説明を聞いた後は。。。

美しく整備された武烈王陵をはじめとする陵墓を散策。。。

 

そして地域の人たちによる“おもてなしバーベキュー”夕食。

供された食事のあれもこれも、地物を感じさせる優しい味でした。

そしてワインにシャンパン・・・・・

「あれれ?」

旅情と歴史感たっぷりの古宅に宿泊、

その中での野外バーベキュー。

やはりここは、マッコリが似合うような気がします。

そして、サービスを受ける側、

する側ではなくワイワイガヤガヤと一緒に

バーベキューを楽しめればもっと双方に

メリットのある何かが演出できたのでは・・・

そして夕食後の“腹ごなし散策”では、東宮 月池へ・・・

月もあり気温も心地よくおなかもバーベキューで満腹。

これで韓服を着ていたら“おとぎ話”ですよ。

2日目、午前中はゆったりと西岳村を味わい、

高霊へ移動

昼食は上品、美味な高霊農家食堂

〈チャムサリ〉

 

午後は大伽耶茶礼院にて茶道・韓服・そして

カヤグム(カヤキン)演奏。

哀愁漂うカヤグム演奏は圧巻でした。

最後に演奏された「アリラン」は特に素晴らしかった。

さて今日は昨日と打って変わって

キャンピングカー泊まり。

 

西洋風キャンピングカーに西洋風バーベキューしかしながら、

用意された食材にはしっかり

韓国風味がたっぷりマッチングでした。

 

丸鳥の開き方を教わり、ソーセージを手作りし

バーベキューコンロにセット。

あとは焼き上がるのを・・・と思いきや

 

ウォーキングに出発

暮れかけたキャンプ場をゾロゾロと…

それも結構なアップダウン

「えっ、どこまでいくの?」

しかし、このゾロゾロウォーキング、

意外と功を奏する体に優しいウォーキングとなりました。

(少々ミステリーツアー的なのが結果オーライでした。)

あれやこれやの結果、体力消耗、

一日満喫した我々にとってキャンピングカーのベッドが

心地よい一夜を提供してくれました。

 

 旅も4日目、今回のメインイベント安東で開催の

「慶尚北道社会的企業の取り組み品評会」へ

出品された、お茶・のり・菓子・黒にんにく

・化粧品・陶器・ろうそく等々

これらの企画商品に対し我々参加者は、

それぞれに日本人観光客目線で品評を述べていました。

 

諸事情により商品開発者による説明がなく質疑応答ができず、

少々残念ではありましたが、

パッケージや色目的にも洗練されたものが多く

ヒット商品が出てほしいものです。

 

品評者のアンケートで、

「パッケージへの商品説明が英語もしくは日本語があれば・・・」

という意見が複数見受けられました。

これは、パッケージが美しいが故に、

中身が何なのかわからない、ということでしょう。

 

昼食後、パンソリ公演を聞き、おまけにコチュジャン作りまで体験。

出来上がったコチュジャンを少しなめて 

「ニンマリ」

帰国後の楽しみまでいただきました。

 

今回の旅は実に能動的といえるものでした。

品評会に出展されたものだけではなく、

この旅の形、流れ自体、高い評価に値するものでした。

 

ツアーの様子を下記の動画でご覧ください。

↓↓↓↓(クリック!)↓↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

同じカテゴリの記事はございません。